東都観光バス株式会社

東都バスと乗務員

私たちが指導します!

「バスガイド」という仕事に興味を持った方…。
そのきっかけはなんでしょう?
学校の修学旅行などで印象深いバスガイドさんとの出会いであったり、職業としてどこかで知ってもらったり…。
バスガイド職のイメージをどのように描いていますか?楽しそうだな、大変そうだな、など色々あるかもしれません。
夢?期待?自分の未来像?
興味はあるもののバスガイドの実情がわからず迷っている皆さん、なってみたい、と少しでも思ったらそれはバスガイドに向いている証です。
一人前になるまでには時に厳しいことも言いますが、「バスガイドになりたい!」という気持ちがあれば必ず良きバスガイドになれます。
その先には様々な出会いと感動のドラマティックな日々があなたを待っています。


ガイド講師

name_bar

稲田 弥生

~目指せ!大和撫子~

私はバスガイドの仕事を水鳥の「白鳥」に例えます。
白鳥は水の上を優雅に泳いでいるように私たちにはみえます。
しかし、水面下では常に足を動かしていないと前には進めません。
お客様の前では笑顔で冷静に対応しているバスガイドも日々の努力の積み重ねがあってこそ成せるものなのです。
何事も簡単ではないのでこれをきついと感じるときもあるでしょう。
でもそこで培った努力は必ず仕事に、また後のあなたの人生においても「白鳥」のように前進する力につながるものだと私は考えます。

当社では入社すると始めは入寮してもらいます。
そこで仕事ではない生活面においても選択、掃除、料理、お布団のたたみ方、お茶の入れ方、所作、言葉遣いなど、社会人として独り立ちしていくことに必要な知識を身につけていくことになります。

便利でコミュニケーションが多様化した時代になり、忘れがちになってしまった、”人への気配り、配慮”を日々の生活の中で養っていきます。
古くから「大和撫子」と日本の美しい女性像を言い表す言葉がありますが、まさに日本女性としての教養、心遣いをバスガイドの仕事を通して自然に身に付け大人としてますます魅力的になります。

入社してからは私たちのことを信頼して会社での母と思って頼ってください。
仕事中は厳しい事も言いますが、一歩離れればやさしいんですよ。
今までもガイドから「結婚したいと思っているけど仕事を続けられるか?」とか、はたまた「付き合っている人とうまくいかないのだけれど、どうしたらいいか?」なんて相談もうけたりして…。
地方から単身上京している人達もたくさんいるので「会社での母」として仕事、プライベートどんな相談にもしっかりのりますよ。少しでも興味を持った皆さん!バスガイド職を目指してみませんか。お待ちしています。

ガイド講師

バスガイドさんへのインタビュー
name_bar

佐藤 弘恵

~不安ごと全部持ってきてください!面倒みます!~

バスガイドという仕事は覚えなければならないことが多いのは確かです。
ご案内する観光地の歴史、まつわるエピソードなど。
最初は人名、地名など読み慣れない言葉も多く覚えるのが難しいと感じることでしょう。
でも、安心してください。
研修中に「トライアル」といって観光地に行って案内のシミュレーションを繰り返し行います。
そこで、「机上研修」で覚えた事を実際に「目で見て」「聞いて」を繰り返すことによってわからなかったことが理解できるようになります。

例えば緑青色(ろくしょういろ)ってどんな色かわかりますか?
これは銅が錆びた色のことなのです。
観光地には歴史ある建造物が沢山あるのでいずれ目にすることになりますが、古いお寺などの屋根に見られる色です。
こうやって得た知識が実際に見たものと繋がって行くのでどんどん覚えることができ、さらにこれはどういうことだろう?何なのだろう?と「疑問」「知的好奇心」が湧いてきます。そうなったとき私たちが教える以上のことを自ら調べて知っていくことでしょう。
その連続がガイドとしてまた一人の人間としてどんどん成長していくことなのだと考えます。

また、バスガイドは案内・接客サービスという業務と同じくらい重要な業務として保安要員という大事な任務があります。
これはバスを安全に運行させる為のドライバーの補佐という役割です。
バック誘導、左折安全確認、車種によって異なる非常口の開け方、消火器などの安全器具の使い方など多岐にわたります。
しかし、これもバスに乗車して私たちと共に繰り返し訓練を行いますのでバスガイドとして乗車する時には責任を持って補佐することができるようになりますので安心してください。

最初は全て出来るわけではありませんので様々な不安を抱えて入社することになる、と思います。
けれど、その不安を全部持ってきてください!
入社した皆さんには仕事のことのみならず生活面含めてアドバイスしていきます。

私たちは今までに何百人とバスガイドを育ててきました
そこで一人一人、それぞれの悩みや問題に真剣に向き合ってきたことでバスガイドとの信頼関係が築けています。
研修を終えて一人前のバスガイドになってからも私達のサポート体制は変わりません。
社員一同、同じ気持ちでお待ちしております。